SKE48山内鈴蘭水着ビキニグラビア「45枚」画像

FavoriteLoadingお気に入りに追加
yamauchi-032

山内鈴蘭、1994年12月8日生まれ、SKE48チームSのキラキラ輝くメンバーであり、かつてはAKB48の一員としても活躍していました。愛くるしい笑顔がトレードマークの彼女は、ファンから「らんらん」という愛称で親しまれています。彼女のキャッチフレーズ「一番可愛いらんらん。アナタの笑顔が見たいから鈴蘭パワー全開でいきます!!」は、そのポジティブなエネルギーを反映しています。

趣味としては、ストラップやグッズを集めること、そしてヘアスタイルを工夫することに情熱を注いでいます。また、特技にはゴルフ、書道、ダンスがあり、特にゴルフに関しては、小学3年生の頃からコースでプレイしており、アマチュアゴルファーとしての腕前も披露しています。テレビ番組『週刊AKB』でのドライビングコンテストではプロデューサーの後藤喜男を打ち負かすほどの実力を見せつけたこともあります。

そのゴルフの才能は、2012年の元日に放送された特番でプロゴルファーの古閑美保にも認められ、プロを目指すべきとのアドバイスを受けました。この出来事は、彼女が出演するテレビ東京の番組『ごるふなでしこ』で取り上げられ、多くの視聴者にその挑戦の様子が紹介されました。

芸能界に興味を持ったきっかけは、篠原涼子が出演するドラマを見たことであり、篠原を目標とする一方で、山内鈴蘭自身は「歌も演技もバラエティもなんでも出来ちゃうマルチタレント」を目指しています。彼女の長所は、いつでも元気で明るくポジティブなところにあり、短所は時に人の話を聞き逃すことがあるところです。

彼女の魅力は、アイドルとしてのセクシーなビジュアルに加え、水着姿でのキュートな笑顔や、健康的なボディラインを披露することで、ファンのみならず多くの人々の心を明るく照らしています。自然体でありながらも、その美しさは注目を集め、多くの人々を魅了してやまないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました