このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

今田美桜 グラビア水着画像「200枚」

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今田美桜(いまだ みお、1997年3月5日生)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。福岡県福岡市出身で、株式会社コンテンツ3(旧:BIGFACE)に所属しています。

彼女は3人兄弟の長女として生まれ、高校2年生の時に福岡市天神でスカウトされ、福岡のモデル事務所「株式会社CGE」に所属しました。高校3年生の時には福岡ローカルの深夜テレビ番組『GeeBee』で初めてのレギュラー出演を果たし、その後、NHK BSプレミアムのドラマ『私は父が嫌いです』や映画『罪の余白』に出演しました。

2016年には福岡県柳川市観光PRビデオで「SAGEMON GIRLS」として出演し、同年8月に上京してBIGFACEに所属しました。中川駿監督の短編映画『カランコエの花』で主演し、多くの映画祭で高く評価されました。

2017年には舞台『LIVE IMPACT 進撃の巨人』のサシャ・ブラウス役に選ばれましたが、公演は中止となりました。同年、全国メディアデビューを果たし、フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』や『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』にレギュラー出演しました。映画『デメキン』では初ヒロインを演じました。

2018年にはラジオ番組『博多デス。〜博多美女図鑑〜』で初のラジオ出演を果たし、フジテレビONE TWO NEXT×J:COM共同制作の連続ドラマ『記憶』やTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に出演しました。彼女の主演映画『カランコエの花』は東京で上映され、全席完売の大成功を収めました。また、写真集『生命力』が発売され、オリコン週間BOOKランキングで初登場1位を獲得しました。

2019年には映画『君は月夜に光り輝く』や日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に出演し、同年には作家・京極夏彦の人気シリーズ「百鬼夜行」のカバー写真モデルも務めました。また、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』では吹き替え声優に初挑戦しました。

2020年にはTBS系スペシャルドラマ『半沢直樹 スピンオフ企画』に出演し、2nd写真集『ラストショット』が発売されました。同年にはテレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』やTBS系日曜劇場『半沢直樹 2020年版 第1部』に出演しました。

2021年には日本テレビ系水曜ドラマ『恋はDeepに』やNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に出演し、映画『東京リベンジャーズ』では第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

2022年には日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』でテレビドラマ初主演を果たし、第112回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞しました。

2023年には映画『わたしの幸せな結婚』でヒロインを演じ、2024年にはNHK連続テレビ小説『あんぱん』で主演を務めることが発表されました。

彼女は女優としての活動に加え、タレントとしても活躍しており、ジュエリーブランド「Canal Produced by 4℃」やユニクロの着こなし発見アプリ『StyleHint』などとも協業しています。また、美少女ロールプレイングゲーム『放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜』の新TVCMにも出演しています。

趣味は語学勉強で、中国語検定2級を取得しています。特技は博多弁の早口言葉で、走り幅跳びやピアノも得意です。好きな食べ物は牛タンやみそ味のもつ鍋で、ビールと日本酒も好んでいます。

彼女のキャッチコピーは「福岡で一番かわいい女の子」で、これは所属事務所の社長がつけたものです。彼女はそのキャッチフレーズを「ハッタリ」として受け入れ、東京進出の際にメディアで紹介されるようになりました。

今田美桜は、多くの映画やドラマでの活躍を通じて、確固たる地位を築いてきました。彼女のこれからの活躍にも注目が集まります。

今田美桜 グラビア水着画像

【デジタル版限定カット付き】今田美桜写真集 ラストショット Kindle版

コメント