真中まなが初めて水着グラビアに挑戦

その他アイドル
FavoriteLoadingお気に入りに追加

真中まな、アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」のメンバーが、ファン待望の初水着グラビアに挑戦し、その魅力的な美ボディを披露しました。彼女の水着姿は、カワイイとカッコイイの両方の魅力を併せ持ち、多くのファンの心を掴んだことでしょう。

このグラビア撮影において、真中まなは自身の新たな一面を見せつけることに成功しました。普段はアイドル活動で見せるキュートな表情とは異なり、水着姿での堂々たるポーズと自信に満ちた表情が印象的です。ファンだけでなく、グラビア業界からも高い評価を受けること間違いなしです。

「私、けっこうポンコツなんです」と自らを評する彼女ですが、初めての水着グラビア撮影に挑んだ際は、現場での暖かい雰囲気に助けられたそうです。撮影スタッフからの積極的なフィードバックが彼女のやる気を引き出し、不安を和らげたと言います。撮影前日には食事に罪悪感を感じつつも、マカロンを食べるなどの小さな反抗を楽しんでいたようです。

体形に対する意識もあり、少しはエクササイズを試みたものの、彼女は「意志が弱くてあまり絞れなかった」と笑いながら話します。それでも、次回の撮影があれば、もっと体を鍛えて挑みたいと意欲を見せています。彼女の魅力の一つに、母親からも指摘される「大きなお尻」があり、スリムなウエストとのコントラストが特徴的です。

日常ではほとんど水着を着ることがないという彼女ですが、この撮影での新鮮な経験は、抵抗感もなく楽しんだと語ります。また、グループ内での彼女の位置づけについては、「リーダーっぽい」と見られがちですが、自称「ポンコツ」であり、時には周囲とズレた発言をしてしまうことも。しかし、その天然な振る舞いが、かえってチーム内での愛されキャラにつながっているようです。

彼女は、グループ内でも特にリーダーシップを発揮しているわけではなく、みんながマイペースで自由に行動していると感じています。それでも、何かと話が噛み合わないことが多いメンバーの一人や、意外にも真面目な一面を持つメンバーがいるなど、グループ内の個性豊かなキャラクターが彼女の話からも伺えます。

休日の過ごし方については、体のメンテナンスを中心にしているとのこと。突然の休みができたときは、家でゆっくりと過ごすことが多いですが、サウナでリラックスするのが好きで、その後のビールが至福の時と語ります。

最後に、彼女はこれからもグループとしての活動を大きくしていきたいと抱負を語り、新しいアルバムのプロモーションを忘れません。新たな音楽スタイルに挑戦したアルバムを通じて、ファンに新しい一面を見せたいと意気込んでいます。

また、彼女は1999年4月22日生まれの神奈川県出身で、身長163cmというプロポーションを活かして、ダンスやトレーニングを趣味とするなど、パフォーマンスに磨きをかけています。アイドルとしての活動だけでなく、SNSを通じてファンとのコミュニケーションも積極的に行っており、InstagramやTikTokでは彼女の日常や舞台裏の様子が垣間見えます。

このように、真中まなは多方面での才能を持ち、アイドルとしてだけでなく、一個人としても魅力を発信し続けています。彼女の今後の活躍から目が離せません。

【デジタル限定】真中まな写真集「It’s Showtime!」 週プレ PHOTO BOOK Kindle版

コメント

タイトルとURLをコピーしました