朝起きて自撮り。 服を着替えながら自撮り。外へ出かけて自撮り。 お風呂で自撮り。自撮りに魂を注ぎ続ける“インスタグラビアの女王”の日常は、 こうして作られているとか、いないとかー。
一生懸命生きてるところが 自分の長所だと思っていて。 「毎日、ずっと必死です!

9月の誕生日で27歳になりました。もう、いい歳(笑)。 26歳は、グラビア以外のお仕事――コスプレだったりテレ ビだったり、自分なんかにはできないと決めつけてたこと が少しずつできるようになって、いろんなことに挑戦して よかったと思える1年でした。27歳も、挑戦することを恐 れず楽しんでいきたいな。でも、いろいろ気にしてしまう んです......。気にしぃで、心配性なので。そういう人たち のランキングがあったら、きっと私が上位だと思う(笑)。
誕生日プレゼントに、自分へのご褒美として、おサイフ とカバンを新しくしたくて。でも、3年くらい同じことを 言ってて、結局今年も買わなさそう(笑)。今使ってるおサ イフとカバンはバイトでお金をためて買ったものなんです けど、もう10年以上使ってるんですよ。どんなものでも、 けっこう長く使うことが多い気がする。
お友達からプレゼントがもらえたら素敵ですけど、私、 お友達がいないからなぁ......。いや、本当にいないんです
よ(笑)。どうしてできないのかを自分で分析してみたとこ ろ、嫌われるのをコワがってることがわかったんです。だ から、親密になっていくこと自体が怖いのかもしれない。 お友達がいた時期もあるんですけど、どうやって作ったの か思い出せないです(笑)。でも、今までのお友達を思い返 してみると、ツッコんでくれる子が多かったんですよね。 私、声とか話し方から、ブリっ子ってよく思われるんです けど、そういうところをいつもツッコんでくれる子と仲良 くなれていた気がします。
好みの男性のタイプも同じなんですかね...。なんかで も、ちょっと厳しい人とかが好きかもしれない。あと、 (同じ福岡出身の武田鉄矢が率いるフォークグループの)海
援隊の曲をよく聴くんですけど、武田さんがドラマ『3年 B組金八先生』で演じる金八先生をすごく愛してます! 魂で生きてる感じがして。私、魂をちゃんと持ってる人が 好きなので!
私自身は、本当に心が弱い人間で。強くなろうとはして るんですけど、なかなか難しいです。いつも私、枕に顔を 埋めて、うつ伏せでしか寝られないんですよ。苦しいけど、 仰向けだとコワくて全然寝られなくて。なんか「“明日”が 来る」と思うと、寝るのがコワくなっちゃうんですよ。だ から、下を向かなきゃって(笑)。だからこそというか、毎 日、一生懸命生きてるつもりです。そこは本当に自分の長 所だと思ってるので。生きることって、すごく

ないですか。昔から私は人前に出られなくて、小学4年生。 くらいのときから教室にも入れなくなり、保健室登校だっ たんです。それからずっとあまり人と関わってきてなくて。 それでも、毎日を乗り越えていかなきゃいけないから、 「一生懸命生きるしかない!」っていう答えにたどり着きま した。毎日、ずっと必死です!
今までバイトもいっぱいしてきました。いちばん長かっ たのは、アイスクリームの工場。アイスケーキの上にイチ ゴを乗せる作業をしてました。しかも、2年くらい前まで (笑)。工場で働いてたときも、ほかのバイトをしてたとき も、その生活に満足してたんですよ。ただ、得るものがあ まりにも少なくて。バイト以外は、ほとんど引きこもって たし。こういう生活でいいと思いながらも、どこかでこの ままじゃダメだなとも思っていて。それで、自撮りグラビ アをインスタに投稿するようになったんですけど、その行 動は自分の中でめちゃめちゃハードルが高かったし、それ
を乗り越えて、続けていくことも緊張の連続でした。それ でも頑張れたのは、グラビアが本当に好きだったから。セ クシーなこと、そしてそれを表現することがすごく好きだ ったんです。
去年の5月に福岡から上京してきて、今住んでるお部屋 はすごくシンプルです。かわいくできないんですよ。てい うか、やり方がわからない(笑)。お仕事で外に出るとき以 外は、友達も全然いないので、ほとんどお部屋にいます。 いろいろ考えごとをしている時間がすごく好きだから、ひ とりでもそんなに寂しくはないんです。のんびり私らしく 生きていこうと思っているので。
あ、でも、考えごと以外に、ぬか床は毎日寝る前に混ぜ ています(笑)。ぬか漬けとか、お漬物を作るのが得意なん ですよ。始めたきっかけは、お漬物が好きだから。あとは 子供のころ、母が仕事であまり家にいなくて、自分で夜ご 飯とか料理する機会が多かったので、昔からよく作ってい て。ぬか床には今、キュウリとカブが漬けてあります。
°毎日お仕事やお勉強、ご苦労さまです。帰宅して、お風呂。。 からあがって、「よし、ゆっくりしよう!」っていう時に、 私のことを思い出してもらえたら・・・・・・私が載っている雑誌 とかを見てもらえたら、すごく幸せです。頑張ってる人た。 ちを癒やしたいっていう気持ちでいつも撮影に臨んでるの。 で、その思いが写真から蒸発して伝わっていけばいいなと。 思ってます。そして、もし機会があれば、どなたか私を遊・
園地に連れっていってくれませんか・・・・・・。人生で一度も行。 しかったことがないのでProfile にとりさやか27歳'93年9月28日生まれ 福岡県出身B型#インスタグラビア生み の親として、日々自撮りグラビアを自身のIn stagramに投稿中。そのほか最新情報は、オ フィシャルファンクラブ(https://nitorisaya ka.com/)、公式Twiter(@nitori_sayaka)、 公式Instagram(@uw.sayaka)にて








































Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021001Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021002Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021003Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021004Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021005Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021006Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021007Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021008Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021009Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021010Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021011Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021012Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021013Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021014Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021016Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021015Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021017Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021018Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021020Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021019Sayaka Nidori Swimsuit Bikini Gravure Whenever, Wherever 2021021
関連記事