9XJ52jbClQnzJzszTTeEU7UmMrk.jpg
残酷なほど旬の短いグラビアアイドルという世界で。 運命的にプロレスと出会い、
トップに立つまで戦い抜いた。 引退興行は両国国技館。彼女の生きざまに、愛川ゆず季、29歳。職業=グラビアアイドル。
女一匹プロレス人生 ゆずポン、引退を語る 体、仕上がっていますね? グラビアアイドルに対して失礼極 まりない質問に、ゆずポンは少しだ け笑って答えてくれた。 「だって、体をしっかり作らないと 毎週毎週は戦えないですよ。分厚い 体じゃなきゃ、ダメージに耐えられ ないし、リングでの見栄えも違って くる。プロレスを3年やり続けた結 果、今の私のこの体があるんです」
ちょうど2年前、約1ヵ月にわた って密着取材をさせてもらった。自 宅、ジム、そして試合。2010年10月 末のデビューを経て、グラドループ ロレスラー=グラレスラーとしての 活動が軌道に乗り始めた時期だった。 「『アイドルがプロレスなんてでき ないでしょ?」。そんな批判的な声を が多かったから、悔しい、絶対に見 返してやりたい。その一心だけで、 リングに立ち続けてきました」
2年前から比べると、体がふた回 りほど大きくなった気がする。あれ から所属する団体「スターダム」の “白いベルトを防衛し続け、史上 初めて2年連続で女子プロレス大賞 を受賞した。戦いの歴史が刻まれた 体は、見栄え以上に大きく見えた。 「タレントの仕事がないときは、朝 ジムに行って、昼から合同練習、家 に帰ったら疲れて眠るだけ。休みの 日は治療か寝るか。試合の翌日に仕 事があって、ボロボロの体のままで ニッコリ笑わなきゃいけないのは、 さすがにキツかったです」

人生そのもの。先はまだ考えられない ひとつの花が散る......プロレスは私の
仕事とプロレスの両立は想像以上 に厳しかった。青痣だらけの体で水 着を着なければならない。グラドル として失格じゃないのか? 精神的 に不安定になりながら、それでも絶 対に諦めなかった。 「キャリア10年以上の先輩たちと 肩を並べて戦えたのは、やっぱりグ ラビアをやってきたから、水着にな れたり、試合のオープニングで踊っ たり。私にしかできない表現もまた プロレスの一部。だから、取材やイ ンタビューでは自分がプロレスラー じゃなくて、グラレスラーというこ とを強調してきました」
仕事のほかにも、悩みは尽きない。 プロレスをやる自分と、女のコとし ての自分。葛藤で押しつぶされそう な日々もあった。 「メインイベントに出場してベルト を獲りたい私と、怖くて怖くて逃げ 出したい私がいるんです。一時期、 口癖が「死にたい」だったんです。 精神的にもおかしくなって、試合の 前日は震えて眠れない日もあって」
実際、心が折れかけたこともある。 その試合を筆者も目撃した。2011 年8月のダンプ松本戦。試合には勝 ったものの、一方的にボコボコにさ れるゆずポンの姿に、会場は静まり 返っていた。 「あの試合は今まで教えてもらって、 きたプロレスと全然違ったんです。 試合が終わって、全身打撲で心もヤ ラれてしまって。もう速攻で実家の 愛媛に帰りました。でも、やめよう とは思わなかった。何試合かは欠場
したけど、私の居場所はプロレスに しかないという気持ちは切れません でした」
自分を追い詰めて、追い詰められ、 身も心もボロボロになって。そうま でしてプロレスを続けられたのはな ぜだろうか? 「正直に話していいですか? プロ レスの世界に入って幸せを感じるこ となんてなかった。でも、満足感や 充実感、生きているって感じでいっ ぱい。自分で言うのも変ですけど、 初めて人間になれた(笑)。グラビア 時代はお人形さんみたいに、用意し てもらった衣装やメイクでノホホン と過ごしていたのに」
全身全霊をかけて挑戦し続けたか らこそ、出会えた自分の居場所。こ の場所だけは絶対に譲れない。 「これまで私の代わりはいくらでも いると思っていたけど、今は違う。 私の代わりは誰もいないし、同じこ とができるならやってみろって。そ れくらい強い気持ちでやってきて、 グラレスラーという新しいジャンル を確立したという自信もあります」
ジャンルを確立した、とまで言い 切ったプロレスを、4月29日の両 国国技館大会を最後に引退する。 「ひとつの花が散るんです。女のコ の賞味期限じゃないけど、30歳を 目前にして、軸足であるグラビアに ついて考えるところもあって。現実 的にもダメージの蓄積で体がボロボ ロで。私のスタイル、身も心も削っ て限界以上の力でぶつかる試合を続 けるのは、もう無理かなって・・・・・」 引退に悔いはない。それ以上に、

今はプロレスへの感謝の気持ちがあ ふれて止まらない。 「29年間、生きてきた集大成がプ ロレスなんです。そのすべてをかけ て戦えた場所を提供してくれた団体 の方々、対戦相手、そしてファンの 皆さまには感謝の気持ちでいっぱい です。だから最後まで、ゆずポンを 応援してもらいたい。4月29日、 両国国技館で燃え尽きます」
全体練習中の一枚(2011年5月の栗原あゆみ戦にて。 必殺技のシャイニングゆザードがクリーンヒット
愛川ゆず季 AIKAWA YUZUKI
ひとりの女性としての仕事も果たしたい。 いつか結婚して、子供を産みたい。
3,000MMAKER
1983年5月16日生まれ。愛媛県出身 身長157cmB100 W60 H89 血液型=B型 ○所属する団体「スターダム」のワンダー・オブ・スターダムのベルト、 通称“白のベルト"を8度防衛。そのほか、タッグベルトの獲得、 2年連続の女子プロレス大賞受賞、日刊バトル大賞 女子プロレス部門最優秀選手の受賞など、グラレスラーとして、 栄光の道を歩き続けた“奇跡のグラドル”。最新情報は公式ブログ (http://ameblo.jp/yuzuponpon/]
Aikawa Yuzu season gravure swimsuit picture “21” 29 years old. Occupation \u003d gravure idol. April 23, retired from professional wrestling. A way of life called “Yuzupon”. 2013 2005
O5rl2ruQdfaYn8QYljBPRcrWvZY.jpguw4sK3hNgQwJ5CZaMB31OPNyPes.jpgfOXxQqIYtJf2CJFCYreQ2MnvZoU.jpgxfPaIHnDXZLXqB2mIkx2sK3fbjg.jpg_z9n0kbyX3vFCYdYxreOZe5aIAE.jpgn3tYWhqVln8cJHtbPU30S_ROFGc.jpgZ4l6cDZ_MWQdI8OnGdSad2t7TUg.jpgTwI9FdLBvzQCqraqjO5TP99wny4.jpgUEtwufdZMKEDjPEYd8lYKD9FYNM.jpgmrJzY7vczo1vgbCMMVZAgi8OQBQ.jpgVEPeWPKDv0PA1jEYS1t3m5AmaYQ.jpgRVIyc1bK8e9PQ2oqW6Hez57rmWU.jpgsvZQC0IpMRo2q1caOtzesla9M64.jpgoFRN-D0v3b1_-xqQaGECQ_dftG0.jpgK9lS0VxicNdCdYlGut_aUgibnuA.jpg8eFcRHzIzEoAgvaKmWe0TjxQ6WM.jpgmQcYwLuuC4EwWEs1NwO7_6L4xls.jpgbCsaKV51Tyz0c3ulqjt67FCwSv4.jpg4_u6FbIUfmiXSxovOEeYQVRT-MA.jpg
関連記事
>