nAZtwVcX46YoWqIRwPSahj784hg.jpg
全国に発信中 『オールナイトニッポン0(ZERO)」のブース。 いつもここから放送しています。ここに座ると 落ち着きます。変なこと言わないか緊張もしますけど。 この前は友達の名前言っちゃった(笑)。
水泥棒じゃないよ! ウオーターサーバーの前で。 会社での私を番組で密着していただいたとき、 同僚から水泥棒呼ばわりされました(笑)。 あっ、このマグカップはバンコクで買ったものです。
オフィスのデスクにて 会社のデスクです。ふざけているところです(笑)。 経理なのでペン、電卓、電話対応用のメモ用紙、 福利厚生のガイドブック、経理マニュアルなんかが 置いてあります。
撮影スタート プールサイドの鳥の巣のようなソファにあった クッションのスパンコールをさわって、 「タイ」って書いちゃいました。5泊6日の旅路、 本当に楽しかったな。人生トップ級の思い出!
ギンギラギン W リトリートコー サムイホテルの 玄関にあったド派手な受付! これ、猿の神様なんですって。すごくないですか? このきらびやかさもタイの魅力のひとつなんです。
ヤンキーじゃないよ(笑) 撮影初日、サムイ島にて。 自前のサングラスをしているのは、まぶしいのが超苦手 だから。目が全然開いてない写真もありましたから。 ん?だから、ヤンキーじゃないっつーの!
INTERVIEW MATどこにいるの?"
埼玉
地元が好きです。今でも地元の仲間とはよく集まっ ています。落ち着くんですよね。みんなは毎年、年末か 年始に同窓会をしているんですけど、私はなかなか行 けないんです。埼玉のいいところは、ほどよく気取って いないところ。そんなに田舎じゃないけど、東京に染ま るほど東京っぽくないというか。まさに私のことですね (笑)。埼玉の県民性は、「バカにされてもへこたれない」 だと思います。自分で言うぶんにはいいですよね?
私の上司は、「OLとして働けなくなるくらい 有名になれたらいいね」と言ってくれているので、 それくらい応援してもらっていて、乃木坂4の 活動を優先してくれています。そんな思いに 応えるためにも、もっと有名にならないといけ ないですよね。
16の
小 学校時代
運動が苦手だったので、家の中にいるのが好 きでした。外に出るのは習い事のときでした ね。英会話、ピアノ、スイミング、学習塾に通って いましたけど、どれもこれも身についていません (笑)。そんなに活発な子供というわけじゃなく て、親が共働きで家にいなかったので、習い をさせていたんです。やっていていちばん楽し ったのは、スイミングかな? ひと通り泳げます よ。今回の写真集でプールに入って、過去の経 験が少しだけ生かされました。
ラジオ
自分の中ではとても大きいものです。ラジオをき っかけにして握手会へ来てくれる方もすごく多いで す。自分のことを毎週1時間半も話せるなんて、な かなかできないことですから。初めは自分を出すの が怖かったんです。自分の本性というか、取り繕っ ていない自分を出したくなかった。でも、「それで もいいんだよ」というリスナーの方がたくさんいら っしゃって。本当によかったですね。
番組を持たせていただける前は、カーラジオ をたまに聴くくらいでした。身近なものではなかっ たラジオが、今では切っても切れないものになるな んて、なんだか不思議ですね。
6|二推しの女」
好きでいてくれるなら何番目でもOKです! で も、一推しにしてくれる方には扱いが違います よ? だって、いちばんに推してくれているんですか ら(笑)。感謝の気持ちをもって、接してしまいます ね。「新内でいいの?」って心配というか、申し訳な くなっちゃいますけど(笑)。
でも、たまに握手会で浮気現場を見てしまうん です。一推しって言ってくれていたのに、実は違った、 みたいな。こんなにウェルカムに、「二推しでもい いよ」って言ってるんだから、正直に言ってくれれ ばいいんですよね。 「一推しが2人いる」とか「2期生の一推しはま いちゅんだよ」って言われることもあるけど、それ は一推しとは言いません!
一人っ子
兄弟がいなかったから、おばあちゃんの家に行く ことが多かったです。学校から帰っても両親が仕事 で家にいなかったので、遊び相手がいなかったか らです。両親は働くことに必死なんだなって思っ ていました。そういう姿を見て育ったから、お金を いただいている以上は、ちゃんと仕事をしない といけない。そういう自覚は乃木坂4に入った 当初からありました。仕事をしないと生きてい けないと、身をもって大きくなったので。
| ヤンキー
これは、ラジオですごくイジられるというか、ネ タにされているんですけど、私はヤンキーじゃあり ませんから! たしかに、埼玉にはヤンキーはいま すよ。国道沿いのコンビニの前にたまっている人た ちはいました。でも、私は違います。 憧れたこと もありません! もう、不本意です。顔も派手じゃ ないのに、ヤンキーなわけないじゃないですか(笑)。 ファンの方にもヤンキー風の人はいません。むしろ 誠実そうな人ばかりです。私に似てるのかな(笑)。
年齢
大きなライブでは必ずと言っていいほど台下移動 (設置された花道の下をくぐって移動すること)が あるんです。それがだんだんつらくなってきた(笑)。 しかも、身長が高いので、小さいメンバーよりも腰 を屈めないといけないんです。そこでいちばん年 齢を感じますね。昔はもうちょいラクだった(笑)。 「大人の女性が好きな人だっているよ」って言われる こともありますけど、そういう男性ってカッコいい女 性が好きじゃないですか。私はそういうタイプじゃ ないから、どういう層にウケているのかわからな いんです。 世間的にいえば、29歳って若いじゃない ですか。乃木坂化にいると若いコとの対比で目立っ ちゃうけど。でも、世間の29歳っぽくはないと 思います。言動が昭和だから(笑)。
この写真集では脚を推しています。乃木坂化に 入るまではそんなに意識したことはなかったん です。べつに、みんなと同じだと思っていて。とこ ろが、脚がきれいだねって褒めていただけるよう になって、びっくりです。自分的には武器って 言えるのかな...でも、ほかに勝負できるものも ないので、脚のおかげで戦闘力が高いイメージ があるのかなって思います。自分としては、足首 が細いことは気に入っています。それだけで きれいに見えますからね。
4一 仲よしメンバー
メンバーでよく遊ぶのは、松村沙友理、桜井玲香 とか。いわゆる犬メン、(舞台『すべての犬は天国 へ行く』で共演したメンバー)です。2期生だった ら、伊藤かりん、伊藤純奈と遊びます。アンダーだ った時代にはよく一緒にいましたね。スケジュール が合うかどうか、で決まることが大きいです。あ とは、年齢かな。精神的に大人のメンバーと遊 ぶのがラクっていうか。かりんちゃんも玲香ち ゃんも年齢的に近いので。
休日
最近はひたすら寝てます(笑)。家から一歩も出ま せん。マッサージとか美容室に行きたい気持ちはあ るんですけど、面倒くさくなっちゃって。昔は買い物 に出かけていたんですけどね~。もし外出する体力 があったら、素敵女子として過ごしたいな。朝から 美容室に行って、ヨガ教室に行って、銀座のカフェで 一息ついてからお買い物。夜はそのまま銀座で女子 会...みたいな。そんな体力は残ってないから夢みたい な話なんですけどね。なんだか悲しくなってきた(笑)。
自炊
するようにしています。 若(若月佑美)がうちに 遊びに来たとき、冷蔵庫の中身の充実ぶりに驚い ていました。「一人暮らしじゃないみたい!」って。 でも、基本的には手軽な料理しか作りません。 鍋とかハンバーグとか。だって、自分用に作る わけですから。だけど、我が家にはけっこう人が 来るんです。一週間に一人は来るかな。外出する のが面倒くさいから、誰かに来てほしいんです。 はい、そうです。私はそういう人なんです(笑)。
5選抜
お互いを高め合える存在、それが選抜です。選 抜として過ごすようになってわかったのは、見え ないところで努力しているということ。たぶん 努力とさえ思っていないんでしょうけど、意識が みんな高いんですよ。
たとえば、ライブの映像を見返したりとか。「こ こでカメラに抜かれるから、こういう表情をし よう」とか、みんなよく考えているんです。その 影響で、私もライブ映像を見返すようになり ました。それまでは、ステージにモニターがない アンダーライブに出ていたから、モニターを意識 するということがなかったんです。昔はひどい 顔してたんだろうな(笑)。
10一握手会
ファンの方の声を直接聞ける、貴重な機会です。 励ましてくださる方が多いですね。「○○見たよ」 「すごくよかったよ」とか。体力的につらいと思う ことはあるけど、それよりも大変なのは頭の回転。 午後になってくると、「あれ、私はなんの会話して るんだろう?」って思うことはあります。
3|写真集
私の写真集が出るなんて、不思議な感じです。 乃木坂化にいる間に思い出として出せれば いいな...と思っていたんです。それで、お世話 になっている皆さんに配って、「はい、終わり」
たいな。思ったよりも早く出版できることに なりましたね。水着も初披露しました。ためらい しかないです。ファンの方はどう思うのか、心配 です。思ったのは、グラビアアイドルの方って ほんとにすごいなっていうことです。体をケア することに本気で向き合っているだろうなって。
12これから
『紅白歌合戦』にも出ることができて、写真集も 出せて、明確な目標というものは、今はないかも しれません。私、そんなに欲がないんです。お仕事 があれば幸せっていう感じなので。
今は、目の前にあるお仕事をさせていただい て、それが楽しいんです。そうしているうちに、新 しい目標ができたらいいですね。

ZFucKeJzqjx6qwU345Aw0sq7JmI.jpgZqTTLpJ0sTNSNYm_1d2Jqp0Xk6Y.jpgY7SO-Rxk3qvITMFjxbRBFKfRz_o.jpgYDTS4tMP6cdsXD_ORK6nVX8LZac.jpgZaByR3D4BpRC3G-PTSZmBAd8bGQ.jpgyjGufAlmUvj5ohbY4HX4bPQL1dg.jpgY0QdkPejG3bfAInCXc1J6t1cQoY.jpgXOo1iZw0OaN65wP4Uoqa9p7Y2ss.jpgUZ8QyjTfVAD7V1kvuPPBZIjKAy8.jpgX22qzaM1dBGDIC14uOrDVgeKFSg.jpgwJGMyyfTTN7833Ih7q3epZsiHpw.jpgxKGlN5WFWdqoa_Bwa51m7kKyZ40.jpgV6zzFYPLNpkfvPlzk5nLuYogHrw.jpgVoe5NoXtaZu13Kb9_Twjihl6EFc.jpgwUMYkDNuqdj0r7iG_Nya-5nKciA.jpgWnMZOaVZWQH53N7yZEuhYUiC0No.jpgvdku9RFp21bD3draGJE7fJiyybs.jpgufzgiyB2GY3pzPDfFRdRFVqGMoM.jpgTPhz25LpNvjB_yZfV-7XXARJnXM.jpgTdJhg1s3cVQB8E2NQy1No9-ZA0A.jpgt-HiuC7aW4ihtRDDH-o0xQgHLl4.jpgrOXAvwzDHlXXSyLGjiDAU0hL3g0.jpgQVcIPc1JatpZxh7_YWGucJjFMQM.jpgTJcs45UTY6mMfXbRY8Pb2yfvqxo.jpgQk7VAUg0ts5sqKgrsp45HnSSR18.jpgRo0_nq6t1eegv6YA_2tQ2nwzJOI.jpgT2AIalGXskOmk0VfJwEvZHEtOgw.jpgQgM-yDyKQaeqO4STAvrHGSk78os.jpgo5Y5bXVfRvi2YOyong4QLiRzSaw.jpgPgnnSZqT7VHpB5BisVjyItVlTWo.jpgnts7AeAhj_TiXYyBwkTwMM_ti58.jpgpPn_1FKKqGrlwivc5Pg9gPiZTc8.jpgQ2inY9eQZXZ-xaSH-_QfrXw0vO0.jpgOsqDmXm7kp8XELcGmGMCiCAGFWc.jpgoZ6ui-VL9fe3VlIHzcT3Bq5Js0k.jpgnwJyHVGUixevXbw3Z3Es6HlDPAU.jpgntDIn2ILeoghBPMx1NIZYTwtyek.jpgnAZtwVcX46YoWqIRwPSahj784hg.jpgKntDjfh-iVC_CCo4K0ZqzezSl2E.jpgmEms15dK_WmnZuQZ0Qk2WwcQyAE.jpglglCqmpFZvaNdd3xDErlOPQyOcI.jpgl-C7FETMpckd3BvCSJC4oa1soCU.jpgkR4vI1UhTSWrt72OPvXXB9acRgs.jpgKz3W8zB-RMMkWFQYt31NmDlkIV4.jpgKJRn_JEFmS0bdsYItFvRRa1YoXY.jpgkB42OkBpQdlcj7vpRl1tej2MDJw.jpgk14ttRf2-F9iA_gtgOtD3zR2ZPs.jpgjSGUMLS2g7bd5SNjpBUqL_UQ07o.jpg-IvDvnLhFiK3tO299XmlscenQNo.jpginaOZdDK2ICRna_dsp27td490TI.jpgJ9kqz83Q7T2IVUrQR1JQKOihY_I.jpgJstvkF6y1Z9yADBCWRDvCqZHauM.jpgJpT0AeFlVb55aaeJTGeNzNw4IuY.jpgJSzLaS3ip9M6Qs-czV_gHZgHlUQ.jpgiFX2kAkkHtOFXfW4LEFH9iZ8BKw.jpgI4TW8lwOdGYbtb6I7AWb-n5Or-Y.jpgHCaKFviJXrnbNXjUXwZzZLnD0-Y.jpgi3UGNGJRjVSj6mtuQIm5xdXRqAc.jpggphWBbxlVtzc2le_yJhdJ2_V2D8.jpgHVF1t1zgEED8TtcNKS13cDslNr0.jpghWeomgBVr0UCAuOxgItPDKsU2jI.jpgGwf7aZt-mL38M9wns-o1-yDnHuQ.jpghyBZfc9RFAuQC9dRPr9F4WdUmkQ.jpgHT_G1nk8ff0NYHbzqbD15CXOw2o.jpgGJDeBVvZU4GW2oKldagT8AYVPFw.jpgE9x-vVAmEutkBq4WaRyIyNNJffQ.jpgE8QG55AOPGH9dkEXr0O0nbuxuPg.jpgFw9Bf1HbWiTsQ2Wz_FUNhkwxKVQ.jpgGAN9DtNE9nrYB9O-9-xfO6bku9o.jpgeODESlOnxv5gXcHJRJJ-3lj9oHw.jpgFkRVhtNcfgS3wa6ZR9EdYsPwXsQ.jpgdvzBQA6_TQZa66jCAz55eTcnmOA.jpg-cS4p72hZ-ltrpI5h3NIgGMQCqI.jpgCCaO6TjNXG5HPjoFucK5F-ErUgU.jpgBXwGn2qwtAOFBqtSp7fg4TuumZE.jpgairwlLuesgF1_9xbNKbcHC0K8KE.jpgbfDsmgwLQyOuQsyowBV8EeIBsZc.jpgB7zTDp_ioIw6DQSYxzdbyCpZwpk.jpgbxlaC8qbCHPViyonHPLika1mfUU.jpgARohdCyI2zbZAQN7_7hbYFj3Rp8.jpgaWRqMDuzZSpx0hSw1MCSNjpOsXQ.jpgapBN68mErj4zJTfrFqBG6iS7Xmc.jpgaLAz5FxfLrE3Ii8EI1PFxZ6nWd0.jpgA4HKEww7wzQa-yEuwf28D_l_IZ0.jpg60qEf7tqIHyPrfAFxL-cSPiHoZU.jpg25wVMvq7bItJV8FnvTaOiVJV5YI.jpg9L50_TlDkrP6qv7spQYh6He9JPg.jpg7uYmfC9kiwjQpLjhRegoig_m-Ow.jpg9bf8fEp55DyxjgN20ii968ExJJs.jpg9fWxIKwV9I3E4IlecdvJarNYuUA.jpg-8C5bNc3KWXKm563J2UNDOkyNj8.jpg9Haj2uMElfgLLSeWBPKCfrlwD7A.jpg7rlklxHQB4LVYGW8qEkS66WCeQM.jpg7azDgOBQwNYS0XZ7icphFX3TUak.jpg6gqrDPlzxyT-FNtD5Urdo_OmkT8.jpg6d1LGC-0DmxTnGDiBaqJAs0iLJg.jpg0HSI6t_-1GgqSazW-fZqkWzvRFY.jpg3ev697DGporryuYlqan6-2LVXxg.jpg5OohFWTNudjkBKa8p-zsH2HgjWw.jpg4iEgqUk3PpEdou7T8uwbyP4PHU0.jpg_So0h4PUiao0LU7iViRPkZIhRd0.jpg0PUp2YFIaRubcuCJFRen_dg1DZE.jpg_OcyYpSntUiPgVSAY_MMpdt_an4.jpg1noI4A-9v77pr5DpyGgq66xDuqw.jpg_MdusMIJzzZTPPeOXIYL0liI6EY.jpg_parCY-LshCb8iv6uaufkUO7OAM.jpg
関連記事
>
 カテゴリ
 タグ