Xp1NL3DTzF1ZvJ1cGoRv9DIalOs.jpg
タクシーが細い路地を曲がると、 隠れ家的なワインバーに到着した。 「ワインはほとんど飲んだことな いの。いつも甘めのカクテルばっ かり」
カウンター席の彼女は、目を輝 かせながら店内を見回している。 
黙ってグラスを拭いていた店主 が、奥のセラーから細身のボトル を取り出し、レモン色の美しい液 体を彼女のグラスに注いだ。 「ワインなのにほんのり甘くて、 でもすっきりしてるんだね」
いつもより早いペースでグラス を口元に運ぶ彼女。すっかりワイ ンの魅力の虜になってくれたよう

pSHZRpi17l-O7d7yDiewA2Yrv5Q.jpg9QnAdtBAXA1ijU7oHfkXi88cJ9o.jpgMIR5ucnS8eK2xZJ-59EyH_ojnsk.jpg-P3RSZPWQNuP8y5DQy3mgu3A-R0.jpgHipaM8ptROBGEtphP5WWIfi5Aw0.jpgS183h6Y7yz8ny0EVH8IBysDinPc.jpg
関連記事