cdc35da4.jpg 
乃木坂46の中心メンバーとして活躍する 白石麻衣が連続ドラマに単独出演中。 アイドル、女優と日々新しい挑戦を続ける
彼女の心の中をのぞいてみる

ジャッジは本当に難しい。私なんてお弁当を選ぶのさえ困っていますから
PROFILE しらいしいまい-1992年 8月20日生まれ、 県出身、A型木坂46 として活躍するか、「あのとき、もしかしたら、 えば自分で判断してもらえるように トを記録するなど、男女問わず人気 あの子とやれたかもしれない。」 話していきます。もちろん何が の白石麻衣。毎日大忙しの日々を送 という想い出をテーマにした一 んでいるのかな?と思ったら声は掛 る彼女、今回の撮影ではベッドの上 結の異色ドラマ。白石は佐藤二朗と。 けますが、葉は同じかな。ジャッ などでリラックスした表情を見せて、山田孝之と共に、やれたかどうかをジは本当に難しいですよ。私なんて くれたが、段落ちけるのはどん ジャッジする“やれたかも委員会 お弁当を選ぶのさえ困っていますか なとき?
のメンバー・月子を演じる。 ら。特にグルーブでいるときはお弁 「家にいるときが一番リラックスし 「タイトルを見たときに、どんなド 当の種類も多く、何を食べたらいい ます。大きめのTシャツを着てめ ラマなんだろう?と思いましたね。 のか個んでしまって、メンバーや 付けから解放されて好きなことをし、 先に原作のマンガを読ませていただ 「マネジャーさんに決めてもらうこと ている時間が大好き。お風呂では防 いたんですが、毎回いろんなストー も多々あります(笑)」 水のスピーカーを持ち込んで洋楽を。 リーがあって面白かったです。も 京んだ声で言葉を選びながら子 聴いてのんびり過ごしています。 しかして:と過去のことを振り返に間に答える? 優としては 理も大好きで、この間は底の角にる男性はビュアだなと思いますね。 乃木坂船のメンバーと出演するドラ
戦しました。豚バラのブロックか それはど忘れられないことがあると マや映画が多く、連続ドラマでの単 ら作ったので一人では食べ切れず。 いうのはいいな~と思ったり。た 出演は初めてとなる。 収録場に持って行ったら、メンバー だあまりに引きずり過ぎるのもちょ 「一人での仕事は、グループでいる ーがおいしい!とんで食べてくれ。 っとなので、このドラマが過去に悩 ときとはまただった気持ちになり てうれしかったです。やっぱり好きんでいる人の前に進む力になればい。 回 します。なかなか慣れないで なモノに囲まれている家はリラックいなと思います」
すね。今回はセリフの量も多く、初 スできる場所です」
演じる月夜子はやれたかも員 めての長ゼリフもあったので自分と オンオフを切り替えてリラックス会の紅一点。女性の立場から冷の戦いでした。どこに行くにも台本 して過ごしていると笑顔で答える彼 に分析し、男性の甘い思い込みや安 を持ち歩いて、1話分の撮影が終わ 女。今回のテーマカラーである。グ 想を打ち砕きジャッジしていく。 ったら頭を切り替えて今まで覚えて リーン,のイメージをねるとる。 「子は男性の夢を壊していく戦し、 いたものを全て消し去り新しいセリ 「やっぱり自然かな。私の実家は田 い葉や正論を投げ掛ける女性。私 フを高めていくという感じ。撮影期 舎だったので緑に囲まれていました。 とは真逆のタイプです。私は普いた間はひたすら覚えていた思い出です」 小学校の出足で山登りに行ったり、 いこともなかなか言えずウジウジレ 回ゲストを招いて話を聞いてジ ヒマがあると田んぼで遊んだりグー てしまうので、ストレートに思ってャッジするスタイルのため、部屋か リーンといえばあの強気が思い出 いることを言える女性はカッコいいら出ずにワンシチュエーションでの されます。自然があふれている場所 なと憧れます。あと、ジャッジする。 屋となる本作。演技経験がで は空気がおいしいしリフレッシュで ことも得意じゃなく...。私の言葉で、 もなかなか難しい設定のようだが... きて最高ですよね。緑は大事。でも、何かが動くのが申し訳ないと思って。 「今回は動きがあまりなく座ったま 私の家は観英植物が枯れてしまった。しまう。できれば自分の気持ちで突 までセリフを言うのですが、それも ので線がない(笑)。何かインテリア進んでもらいたいなと思います」 また難しかったですね。感情を込め に合うものを購入したいです」
とはいえ乃木坂では先輩格である。 ず淡々とセリフを言うなど、様子の 彼女は現在、ドラマ「やれたかもり、後章から相談されることも、 キャラクターは山口雅俊、監督と
いろいろ話しながら作っていきまし た。難しかったのはホワイトボード を使いながら長ゼリフを言うところ。 自分なりに頑張れたと思います」
セリフも多く緊張をしていた彼女 をリラックスさせたのは、共演者の 佐藤二朗と山田孝之だったとのこと。 「現場は明るくて笑いが絶えなかっ たです。お二人はちょっとした空言 時間もキャスター付きのイスでクル クル回りながら移動したりと楽しげ で、山田さんはホワイトボードの乗 に落書をしていました(笑)。ただ 演に摘しては真剣で、二朗さんか らこう言った方がいいよ」とアド バイスをいただいたり強になりま した。特にスゴイと思ったのは、表 現がすごくや。アドリブを入れた リするのですが、そのキャラクター にきちんと落とし込んでいるという かキャラクターの言葉なんですよ。 自分が彼らのようになれるかは分か らないですが、時間をかけて近づい ていければと思いました」
今回のドラマで芝居をする楽しさ も知ったと語る役名。歌やバラエテ ィーなどのアイドルやモデルとして の仕だけではなく、女優としても 羽ばたきそうな予感をさせる。 「多湾はすごく躍しいけれどいい 演技がで老たらすごくうれしいです。 まだ演じる楽しさまでは分からない けれど、これからもいろんな役に挑 戦していだたいです。そして経験を 積んでいくと、役を演じる楽しさや 定など、これまで味わったこと のないことを知ることができるかも しれない。すごく楽しみですね」
b2763cda.jpg 249045f2.jpg 37993c59.jpg9731fda2.jpg 8b85602f.jpg
関連記事