96781ff0.jpg 
「理解不能な現代美術展で デートしても楽しそう」

案内人 渋谷直角・コラムニスト
しぶやちょっかく●'75年、東京都生まれ。漫画家 としても活躍し、直近では小誌にて「さよならアメ リカ」を連載。
著書に『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(小社刊)ほか
木坂46」で、選抜落ちから福神
(グループの中心メンバー)まで 経験し、たしかな存在感を放ち続ける 井上小百合。コラムニストの渋谷直角 氏は、彼女とのデートを妄想する。 「カルチャーの匂いを身に纏っている コだから、ヴィレヴァンやタワレコに いても違和感がない。まったく理解で きない現代美術展を見に行ってもこの コとなら楽しそうだなって。そもそも 僕が彼女とデートできるのかっていう 部分以外、リアルに妄想できました」
そんな想像をしてしまうのは、彼女 の持つ“奥深さ"に惹かれるからだ。 「外見は黒目が大きくて色白で、もち 肌っぽくて、誰が見ても可愛らしい小 動物系。でも男兄妹の中で育ったから か性格は硬派で、ロックが好きで。そ して常にどこか落ち着いていて『今、 本当はどんなことを考えてるの?』っ て気になるんです」
その魅力は今回の写真でも発揮。 「意志が強そうで、「こんな顔つきもす るんだ!?』って驚きました。同時に繊 細さもあって、彼女の奥深さがよく出 てると思います。多くの人がもっと気 になる存在になるでしょうね」
底知れぬ魅力を武器に、ますますフ ァンを拡大していくにちがいない。
いのうえさゆり'94年、埼玉県 生まれ。T156B80W58H83。 11 年、「乃木坂46」に1期生として加 入。出身地である埼玉県本庄市の 本庄市広報観光大使も務める。グ ループの冠番組「乃木坂工事中」 (テレビ東京)とも連動する1stソ 口写真集「存在」(光文社)