f5678679


菊池 桃子(きくち ももこ、1968年5月4日 - )女優、タレント

 1982年 - デビュー前の準備の一環として作曲家・アレンジャーである神山純一の自宅スタジオにて歌唱レッスンを始める。

    初めて神山宅を訪れた際には住所のメモだけで他の情報がないままでの初対面であり、玄関で出迎えたのが神山夫人である元女優・夏純子だったため、なんて美人な奥さんなんだろうと思うと同時に「TVで見たことある人だ!」と、とても驚いたと後述している。また、
音楽に関することであれば、歌唱も楽器も神山が全ての質問に明確に回答を示す百科事典のような存在となったため、自分の知らなかった新たな世界が広がっていく感覚が嬉しかったとも明かしている。

    1983年11月 - 学研のアイドル雑誌『Momoco』のイメージガールとなり、創刊号の表紙を飾り芸能活動を開始。
    1983年10月 - 1984年3月 - ニッポン放送『学園バラエティ パンツの穴』に生徒役で出演。
    1984年3月17日 - 映画『パンツの穴』でスクリーンデビュー。ヒロインを演じて注目される。
    同年4月21日 - 『青春のいじわる』でアイドル歌手デビュー(トライアングルプロダクション、VAP)。

    キャッチフレーズは「It's Real Fresh 1000%」。第26回日本レコード大賞新人賞受賞、日本レコードセールス大賞女性新人賞受賞。ブロマイドの年間売上が1位に。ただし最優秀新人の選考対象とされることについては全て辞退した(辞退理由は「気持ちの整理が付かないから」というものだった。実際は菊池のレコードを製作販売していたバップレコードは日本テレビ系列のための諸事情と言われる[要高次出典]。授賞式は海外・サイパンでの仕事のため欠席、ファンへの感謝の手紙がバップ社員より代読された。この年、最優秀新人賞に選ばれたのは岡田有希子)。
    清純派アイドルとして絶大な人気を博し、1985年に行われた日本武道館でのコンサートは、武道館においては当時の時点で最年少公演記録となり、ビートルズの公演の観客動員数を抜き(二万二千人超)、九段下駅から日本武道館へと長い行列が出来、話題になった。入場できなかった観客も一万人超とされ伝説となっている

 


1e6a92a2
1ef20ebb
2cc08471
3fdb90f2
5beb22ca
5e78abf3
9764ce4b
6866638e
abbccbe5
bc900aa5
d39fdbdd
e7318c7f
 
kikuchi_momoko20
kikuchi_momoko24
kikuchi_momoko26
kikuchi_momoko27
kikuchi_momoko29
kikuchi_momoko30
kikuchi_momoko34
kikuchi_momoko37
kikuchimomoko1
kikuchimomoko4
kikuchimomoko8
kikuchimomoko10
kikuchimomoko15
b1be03c7.jpg


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote