UH8WET3P6XBidf7Lo5E-NGm1f-k.jpg
厳しい暑さの中、十代らしい初々しい笑と思っていたので受かってビックリしまし 顔を見せてくれた川島鈴遥。人気俳優・オ た。 すごく緊張していたわけでも、算数が オダギリジョーの長編初監督映画『ある船頭特別苦手でもないんですけどね」 の話』でヒロインに抜擢された十七歳であ デビューは七歳の時に子役として出演し る。出演した感想を尋ねると、丁寧に言葉た二0-0年のドラマ『特上カバチ!』。 を選びながらこう答えた。
その後、大河ドラマ『八重の桜』、社会現 「オーディションで演技しながら三の段の 象にもなった『半沢直樹』などで注目を集 掛け算を紙に書く、
というのがあったんでめてきた。でも元々は女優志望ではなかっ すけど、途中から間違えて何の段か分から たんです、と笑う。 
なくなってしまって(笑)。絶対落ちたな、 「歌うことが好きだったので、本当はアイドルになりたかったんです。でもお芝居の演の尾野真千子さんの演技を間近で見て、 お仕事を頂くことが多く、小四の時に『
あ こんな風に自分をさらけ出して全力で演技 あ、私はお芝居の道に進むんだな』って思 できるのはすごいな、自分もこんな風にで いました」
きたらきっと楽しいだろうな、と思いまし 大好きな小学校に通うことや、友達と遊 た。これから、もっともっと頑張って、い ぶ時間も取れない。自らの進むべき道に悩 い女優さんになりたいです」 んでいた時に出会ったひとつの作品が、転 [かわしまりりか 2002年3月7日生 機になった。
まれ。栃木県出身。9月3日公開予定の映 「中一の時に出演した『フジコ』です。 主 画『ある船頭の話』出演]

» 記事の続きを読む

>
 タグ