rgjzOgywFGRd-DqqNKeYViqsW6Y.jpg
北条麻妃「スノーホイト」
川上ゆう 「ドキドキワクワクの2分」
波多野結衣「光の珠」
あなたの妄想を刺激する 耳でイカせる、袋とじ!

「本気で濡れちゃった」と漏らすほど、本人が私小説をガチで臨場感たっぷりに 読み上げる――。今まで味わったことのない夢のような必分を聴き漏らすな!
北条麻妃「スノーホワイト」
20代前半のころ
きさらぎゅうさんや
如月二十三夜ー。
の彼氏と別れてから、ぽっかりと空い ただけの男は、いきなり麻妃を抱きす使いに反応していた。 カードキーを差し込み解錠した麻妃 た穴を埋めるように、出会い系サイトくめた。強引に舌をこじ入れ、わずか 「もっと......して」 は、ダブルベッドの脇を通り抜け、カ を利用して男を求めていた麻妃にとっ に開いた隙間から右手をするりと忍び 上目遣いに男を見上げた麻妃は、ク ーテンを開け放した。6階の窓から見 て、新しい世界の扉を開ける呪文のよ 込ませる。
ライマックスを目指して、すでに疾走 下ろした街は、朝から降り続く雨で、 うに聞こえた。
ブラジャーとニット。ふたつの障害 を始めていた。 その輪郭がぼやけて見える。
ピンポン。
があるにもかかわらず、その繊細な指 それから、洋服を剥ぎ取られ、下着 「どうしよう?」
ドアを開けると、そこには見知らぬ 先は、麻妃を嵐の中へ突き落とそうとだけの姿にされるのはあっという間だ 闇の中に隠れた月に問いかけるよう 男が立っていた。
動き回る。
った。 に、麻妃は呟いた。麻妃を悩ませてい 「麻妃さん......ですよね?」
「あっ......」
気がつくと、男も下着一枚の姿にな るのは、5日前、モデル事務所だと思 コクンとひとつ頷くと、目を輝かせ まだ触られていないのに、麻妃は自り、その右手にはアイマスクが握られ って訪ねたプロダクションで囁かれたた男が部屋の中に入ってくる。
分でも驚くほど胸の先が硬くなり、熱ている。 ひと言だ。
「いやぁ、ホント、今日はラッキーだ を放ちはじめるのがわかった。男に膨 「これをつけてみない?」 「アダルトビデオに出ませんか?」 なあ。貴女のようにきれいな人と出逢 らんだ下半身をぎゅっと押しつけられ 「そんなの絶対にイヤ!」 (そんなの無理) えるなんて」
ると、思わず声が漏れてしまった。 「なんで? どうせするんだから、S もちろん、あっさりと拒絶した。そ 出会い系サイトだから、出逢うのは 「あぁ....」
EXを思いっきり愉しもうよ!」 れでも、電話は毎日かかってくる。 当たり前だが、男の興奮している姿に、 「そんなに......気持ちいい?」
SEXを愉しむという言葉で、麻妃 「あなたなら、絶対に売れますから!」 麻妃は思わずクスッと笑ってしまった。 自信たっぷりの表情で、男が麻妃を! のなかのゼッタイという言葉が砂の 「お金も入るし、最高に気持ちいいS 「朝まで一緒にいたいけど、あんまり見下ろす。
ように崩れ落ちる。 EXも味わえますょ――!」 時間がないんでー」
それほどでもない......と言いたいと その言葉に心がざわめいた。8つ上 シャワーを浴び、バスタオルを巻いころだが、琳は明らかに男の繊細な指 〈続きは動画&音声でお楽しみください》
写真集「うつくしいひと。』は徳間書店より発売中 写真・篠原潔
川上ゆう「ドキドキワクワクの2分」
20:18:39
1時限目、現国の授業が始まって、 息を切らして作業室に飛び込むと、 ちょうど10分。ゆうのスカートの中で先に来ていたフッくんも同じように大 ポケベルが震えた。開け放した校舎の きく肩で息をしていた。視線と視線が 窓からは、5月の爽やかな風が吹き込 絡み合い、フフッと笑みが溢れる。 んでいる。
「時間がないから、早く!」 「ポケベルの液晶画面に浮かんでいる。 繋いだ手を大きく振って、2人は男 のは、ハートのマークがひとつ。 子トイレのいちばん奥の個室に駆け込
いつもの時間、いつもの場所でー。 んだ。 それが、ゆうとフッくんが決めた2人 「すごい! もう、こんなに大きくな だけの秘密の約束だった。
ってる」 ゆうが通っている高校は、クラフト ゆうの瞳がわずかに濡れ、妖しい輝 や旋盤技術などを学べる工業系の私立 きを放ちはじめる。便座に座り、フッ 高校。フッくんは、生徒会長を務めるくんの膨らみを両手で包み込むと、思 ほどの人気者で、タマキフミヤだから、わず唾を飲み込んだ。 みんなから、フッくんと呼ばれていた。 | ベルトを外し、プリーフと一緒に膝
なぜ、そんな男のコが自分を選んだ まで引き下ろす。上目遣いにフッくん のか ゆうは思い返すたびに不思議 を見上げたゆうは、舌を突き出すと、 な気持ちになる。
そのまま先端をペロリと舐めた。 [3時限目が始まって5分。ゆうは、 ブルッ。一瞬、排を震わせたフッく おずおずと手を上げた。
んが、反り返ったモノをゆうの口の中 「すみません、お腹が痛いので保健室 に押し込もうとする。 に行ってきます」
「すげえ、気持ちいい......早く、イキ 琳を二つ折りにして教室を出ていく。 てぇ」 と、階段まではそろりそろりと。そこ 「まだ、ダメ!」 から先は、陸上部も驚くほどの猛スピー 焦らすように、先っぽをチロチロと ードで、一気に地下まで駆け下りる。 舐めたゆうは、いきなりグッと喉元の
ほうまで咥え込んだ。 「うおっ」
呻き声を上げたフッくんの反応を愉 しむように、たっぷりと溜めた唾液を 擦りつけるようにして、しごき上げる。 じゅる、じゅる、じゅる...。 ゆうの頭が激しく上下するたびに、 卑猥な音が男子トイレに響き渡る。 「マジで......イキそう......」
こみ上げてくる快感にフッくんの顔 が歪んだ。 そのときだー。 コツン、コツン...廊下を歩く音が 2人の耳に飛び込んできた。 「マズっ......誰か来る」
眉間にしわを寄せたフッくんが、ゆ うの耳元で囁く。 「見つかったら停学だからな、じっと してろよ」
しかし、ゆうは、小悪魔のように目 を輝かせると、その足音に合わせるよ うにして、今にも爆発しそうなモノを さらに、しごいた。 「ば、ばかっ。やめろって!」
女子高校生のころ
波多野結衣「光の珠」
20代前半のころ
写真○冨貴塚宏樹 写真集「ラブタビ』は双葉社より発売中
回し
携帯、スマホからは
このQRコードを 読み取ってください
それは不思議な感覚だった。 (もしかしたら、これは夢かもしれな い......)
結衣自身、そう思ってしまうほど、 現実感がなく、まるでふわふわと宙を 飛んでいるような感じだった。 「まだまだ。本当に気持ちよくなるの は、これからだからね、結衣」 「粘つくような声で呟きながら、男の 舌がキュッとしまったふくらはぎか ら、くるぶしへと這うように進んでいざかる舌先を恨めしそうに見つめた。
男とつき合いはじめて、まだ一週間 「次は、どこがいいっ」
しかたっていない。それでも、誘われ くるぶしの周りをゆっくりと舐める。 るがままラブホテルについてきたの と、さらに下へと下がっていき、足の は、男が求めてくるのはSEXしかな 指を一本一本、丁寧に、味わうように いとわかっていたから。それが、早い 咥えはじめる。
か遅いかの違いだけ。 (そんなところまで......?)
(だったら、今日でいいや) はじめは、半ば呆れたように男の行 SEXもセレモニーのひとつだと考 為を眺めていた結衣だが、いろんなと えていた結衣は、部屋に入るなり自分 ころを舐められているうちに、琳の芯 から洋服を脱ぎはじめる。 がじんわりと熱を帯び、薄く透明な膜。 それを止めたのは、男のほうだった。 に包まれているような気持ちよさを感 「ちょっと、待って!」 じはじめていた。
「えっ? でも、したいんでしょう、 「あっ......」
思わず声を漏らしたのは、太腿を這 「うん。それはそうなんだけど....」 い上がってきた舌先が、淡いピンクの 困ったように、男が鼻の頭を掻く。 パンティをかすめたときだ。
それまで気がつかなかったが、男の 時間にして、ゼロコンマ2秒。
指は驚くほど白く長く、繊細で、しな 布越しに触れた男の舌は、間違いな やかそうだった。 く、結衣のもっとも敏感なところを捉 「したいんだけど、その前に結衣にも えていた。
いっぱい愉しんでほしいんだ」 (それだけ?もうちょっと、そこを (えっ、何や いま、なんて言ったの? 舐めていてほしかったのに...)
私が愉しむ。) わずかに排をくねらせた結衣は、遠 頭の中で疑問符が飛び交い、あちこ
ちで正面衝突。破裂音が鳴り響いた。 「私が...愉しむ?」 「そう。結衣にも、いっぱい、感じて ほしいんだよね」
いくら考えてもわからない。それも そのはず。これまで、結衣の林に覆い 被さってきた男は、すべてキスをした あと、いきなり挿ってくると、そのま ま果ててしまう男ばかりだったのだ。 「で、私はどうすればいいの?」
困った顔で呟くと、男は恥ずかしそ うに、結衣の耳元で囁いた。 「結衣はなんにもしなくていいから。 服を脱がせるのも、下着を剥ぐのも、 全部、僕がするから。結衣が感じてく れると僕も嬉しいし、結衣が上げる声 で、僕も興奮するから」 最初は、キスだった。 息ができなくなるほど、熱く、激し く、舌と舌が絡み合い、唾液が糸を引
パソコンからは下記URLを入力してください」 http://www.kobunsha.com/special/flash/1328 4140/
「私が本気でイッちゃったSEX体験を、当時を思い出しながら読みました...」
あなたの妄想を刺激する“耳でイカせる、袋とじ! 人気AV女優が「生涯最高のH」を喘ぎながら朗読
北条麻妃「スノーホワイト」
なぜ、アダルトの世 界に入ったのか? こ れまでたくさんの人に 質問されてきました が、その答えがこの小 説の中にあります。そ う、これは私が20代前 半のころ...。出会い系 サイトにはまっていた 当時の実話です。
川上ゆう「ドキドキワクワクの2分」
今回、私が書いたの は、まだ10代...、女子 高校生だったころのお 話です。当時、つき合 っていた彼氏と授業を 抜け出し、男子トイレ へ。時間にして、「2分 の冒険――」。0代の私 を頭に思い描きなが ら、愉しんでください。
波多野結衣「光の珠」
10代のころは、SE Xなんてただ痛いだけ だと思っていました ...。でも、ある男性と の出逢いが私を変えて しまいました。私をこ んなHな琳にしてしま ったあなたに、いま感 謝の気持ちをこめて書 きました...。 |
からだ」
写真・岩松喜平 企画&構成・工藤晋 映像編集・関谷智紀
PROFILE
ほうじょうまき 石年東京都生まれ TS・BSW8HR S 年にデビュー。2年「スカパー! アダルト放送大賞」で熟女 女優賞を受賞。美しすぎるルックスとスタイル抜群のフェロモ ンボディで、31熟女女優の呼び声が高い
かわかみゆう8年東京都生まれTB・BW8H8 3年 にデビュー。これまで出演作品は1千S本を超える。1年「ス カパー! アダルト放送大賞」で熟女女優賞を受賞するなど、 ますます人気沸騰中!
はたのゆいぬ年京都府生まれ TS・B&W8H8 8年に デビュー。14年「スカパー! アダルト大賞」にて、女優賞と タ刊フジ賞をダブル受賞。美乳にして巨乳、その完成されたボ ディは、文句なくパーフェクト!
A popular AV actress pants 'the best H of his lifetime'

» 記事の続きを読む

>
 カテゴリ